ミレニアル世代がバランスの良いデジタル生活を送るための5つの提案

ミレニアル世代の間では、ここ最近スマホやSNSについて悩みが増えてきているようです。知らず知らず自分の時間を搾取するSNSやスマホ。これらデジタル機器を使う時間のバランスをとることで快適な暮らしができるのかもしれません。
今回はこのバランスの良い、自分らしいデジタルライフを維持する5つのステップを紹介します。

1.目覚まし時計を使う
- (59).jpg
みなさん当たり前のように携帯のアラーム機能を使って朝起きることを日課にしてはいませんか?かくいう私自身も毎日のようにアラームセットをして1日を終えていました。しかし、このミレニアル世代独特の日課によって携帯を扱う時間が飛躍的に増えてしまうのです。時計代わりにするために、携帯を「ベッドの近くに置く」ことによって、夜寝る前、そして朝起きた瞬間、自分のそばに携帯が存在してしまうのです。これは私たちの睡眠にも影響を及ぼしかねません。目覚まし時計を使って、携帯をベッドから少し離れた場所に置くだけで、携帯を使う時間が削減でき快適に過ごすことができます。

2. SNSを見る時間を決めるphone-and-computer-user
暇な時間がある時にSNSをチェックすることが習慣になっているミレニアル世代。この暇な時間の積み重ねによってほとんどの時間をネット上で費やしていることはないでしょうか?
1日に見るSNSの時間などを決めることで、自分のしたいことに時間を費やすことができるかもしれません。

3.アプリを一定の期間消去する
- (58)
SNSを見る時間を決めるというのは、ミレニアル世代にとってはとても難しいことかもしれません。そこで、一定の期間だけよく見るアプリを消すことをおすすめします。これは海外のセレブの間でも流行っているSNSデトックス法です。家族旅行や友達との食事の際はインスタグラムやツイッターのアプリを消去。これによってプッシュ通知もその期間停止し、見ようと思うこともないです。すぐにダウンロードし直せるので、100%コミットせずに今からでも始める事が出来ますよ!

4.機内モードを使う- (60)
仕事や勉強に集中したいとき、携帯のプッシュ通知によって気をそらされることはありませんか?機内モードにすることで携帯の電源を消さずにタスクに取り組むことができます。すぐ切り替えられるので、短期間集中したいときには便利です。

5.デジタル以外の趣味のための時間を作る
hike
携帯を見ている時間が長い人こそ、携帯を使わない趣味を探すことでバランスの良い生活を送ることができます。料理をしたり、体を動かすなどスマホを必要としない活動をすることで自然にデジタルライフと私生活をバランスすることができるのです。

最後に
デジタルライフに費やす時間が無意識に増えてきている中、私生活とデジタルライフのバランスを取ることは確固たる意思がなければ難しいものです。みなさんも5つの提案をもとにゆっくりとバランスの良いデジタルライフをはじめてみませんか?

SUSTINA編集部
SUSTINA編集部公式アカウントです。人にも地球にも優しい21世紀型シェアリングファッション世界の実現を目指し、15万点以上の洋服、アクセ、バックから自分の好きな組み合わせでレンタルを楽しむ月額制ファッションレンタルアプリ「SUSTINA」から、シンプルな21世紀のライフスタイルに役立つ情報をお届けします。