シンプルで美しいクローゼットをつくる5つのテクニック

「クローゼットは見えない場所だから、まぁ別にいいでしょ」汚くはないけど、美しいとまではいかないクローゼット状態のあなた。少し工夫をするだけで、クローゼットがあなたのお気に入りの空間に。見えないところだからこそ、シンプルで美しい場所にすることで毎日が快適になるのです。

1.クローゼットを収納スペースではなくインテリア空間だと思う
- (86)美しいクローゼットづくりのスタートは概念の変革から。クローゼットを人に見えない、「使わない物の収納スペース」だと思うと、あっという間に、その通りの空間に。自分のお気に入りのバックや洋服をまるで「パリのショップ」のようにきれいに魅せることが出来たなら、毎日クローゼットを開けるのがきっと楽しみになるはずです。

2. 収納ケースを壁と同じ色にそろえて空間を広く魅せる- (88).jpg「ズレのない空間」を人はシンプルだと認識します。壁の色と明らかに違う柄や、色の収納ケースを置いてしまうとそれだけで、統一性に欠けてしまいます。魅せるインテリアだと思ってこだわりの収納ケースを選んでみましょう。それだけで洗練された印象に仕上げる事ができます。

3.ハンガーの色と形をそろえるclosetクリーニングから返ってきたハンガーをうっかりそのまま使ってしまったり、チグハグな色や形のハンガーを一回でも採用してしまうと、クローゼット全体が雑然としたイメージに。お気に入りの洋服の形が崩れず、綺麗にみえるこだわりのハンガーをチョイスして「揃える」大事さを感じてみてください。空間を広く魅せるため、細めの黒やシルバーでハンガーで揃えるとすっきり見えますよ!

4. 洋服を詰め込みすぎない- (87).jpgぎゅうぎゅうに詰め込みすぎたクローゼットは洋服を探すのにも一苦労。シンプルできれいなクローゼットには最適な余白を残す事が必要不可欠です。3年以上着ていない洋服があれば、思い切って処分することが必要かもしれません。

5.グラデーションをつけるように洋服の色をそろえてかける- (83)洋服を色別で分けてグラデーションをつけるようにクローゼットにかけると、あら不思議、とってもすっきりとした空間に早変わり。

最後に
いかがでしたか?すっきりと整理整頓されたクローゼットなら、毎日のコーディネートも考えやすく、季節の衣替えもラクに行うことができます。より快適な毎日のためにも、一度クローゼットを見直してみてはいかがでしょうか?4つのテクニックを使って、美しいクローゼットで、ストレスフリーな生活を実現してみてくださいね。